« 金の基礎知識と雑学 Ⅰ | メイン | 来春~ 【ギリシャ展のご案内】・・・・ »

2010/12/11

コメント

フジタク談話室

こんにちは。コメントありがとうございます。

1セントコイン収集についてですが、1セント貨はコイン商でまとまった数を持っていても、一枚一枚小分けで販売している業者は多くないと思います。
エラー貨や特年であれば扱っている場合もあります。

そうなるとネットでの通販か、アメリカ旅行で買物をした際の残り等から、地道に集めていかれるほうが良いと思われます。

ご参考になりましたら幸いです。

ドンカミロ

こんにちは。
米国1セントのコレクターです。
Whitman coin holderと
2000年頃からの1セントを
集めたいのですが、アドバイス
をお願いします。

フジタク談話室

こんにちは。お返事が遅れてしまいすみません。

アメリカ1セントについてですが、1941年と1944年で価値があるものは、刻印が一部エラー(欠損や二重打ち)になっている特殊なものです。
また、お持ちの黄色い1セント貨は、おそらく金属(おそらく黄銅で造られたタイプ)が変色しているのだと思われます。1944年~1982年にかけて造られたものは、材質を黄銅にしているようです。

ご参考になりましたら幸いです。

加代美

今日わ。初めまして。
突然ですが、今回、紹介された1セントコイン1944年、1941年、などを持っています。他に
違う色の黄色の1セントコインを持っています。価値がありますか?

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

フォトアルバム

ブログランキング